インコネル


SPECIAL REPORTS

  インコネル
インコネル inconel

インコネル

ムソー工業では、インコネル製の治具や部品の製造のご依頼、ご相談もよく承っています。
インコネルは非常に硬度の高い金属の為、他の金属よりも加工が難しい難削材として有名ですが、長年の経験で培った切削加工技術により、お客様が希望する精度や納期にお応えしております。

インコネルとは

インコネルとは、ニッケル基の長合金の商標になります。

名前の由来は、ニッケルおよびニッケル合金の生産をしていた

インコ社(現在のスペシャルメタルズ社)が、

合金の商標としてこの名称を登録したのがインコネルです。

 

素材は、ニッケルを主体とした合金で、クロムや鉄、炭素などの

成分を加えた材料で、合金元素量の差異によって

  • インコネル600
  • インコネル625
  • インコネル718
  • インコネルX750

などに分けられます。

 

主にインコネルが利用されるのは、ガスタービン、原子炉部品、

ロケットエンジンの回転部品、高張力ボルトなどの耐熱部品に用いる事が多いです。

 

インコネルの加工について

インコネルの加工は、ステンレス、チタン、純アルミニウム、ハステロイなどの金属と同様に、切削加工が難しい「難削材」になります。

 

インコネルの切削加工が難しい理由は4つ挙げられます。

・高温強度大きい事
・加工硬化が生じやすい事
・工具材料との親和性が大きい事
・熱伝導率が悪い事

 

難削材と呼ばれる金属の中でもインコネルは切削加工が難しいとも言われており、

インコネル加工の実用的な切削データが十分に存在しない為、

適切な刃物や工具といった加工条件を整える必要がインコネルの加工の際にはあります。

インコネルの種類について

■インコネル600(INCONEL®600)
[特長]

難削材と呼ばれるインコネルの中では、

インコネル600は優れた加工性と強度を持ち合わせています。

 

また、低温から約1100℃までの幅広い温度範囲で使用され、

高温での耐酸化性が良く、またニッケル含有量が多いため

高純水およびアルカリに対しても優れた耐蝕性を持っています。

その為、熱処理産業を始め、多くの化学産業で広範に使用されております。

 

[用途・使われる場所]

航空機排気系、工業炉、食品工業の製造装置、蒸発器材、

熱交換機、熱処理治具、原子炉部品、電子機器部品 など

 

 

■インコネル625(INCONEL®625)

[特長]

インコネル625は、低炭素のニッケルやクロム、モリブデンやニオブの合金で、

熱処理を必要とすることなく耐食性、溶接性を持ち、

特に耐孔食性や隙間腐食性、粒間腐食性に対して非常に優れた耐性があります。

また、インコネル625の加工面では、インコネル600と同様に

優れた加工性と強度を持ち合わせています。

 

[用途・使われる場所]

原子力廃液処理装置、超臨界水装置、海洋・海水用部品、石油配管 など

 

 

■インコネル718(INCONEL®718)

[特長]

インコネル718は溶体化処理状態での加工性と、熱処理後の優れた強度と耐食性、

溶接性を持ち、アーク溶接および抵抗溶接プロセスによる溶接後に割れる心配がありません。

また、インコネル718は、最大温度 700°C (1300°F)での良好な引っ張り強さ

1000°C(1830°F)の温度までの耐酸化性が高いのが特長です。

 

インコネル718の加工面では、インコネル600以上の加工難易度となる為、

適切な刃物や工具といった加工条件などの洗い出しに時間がかかります。

 

[用途・使われる場所]

航空機部品、タービンディスク、ロケット部品、原子炉部品、核燃料スペーサー、

高張力ボルト、海洋ポンプシャフト、熱間押し出し工具 など

 

 

■インコネルX750(INCONEL®X750)

[特長]

インコネルX750は、時効硬化型のニッケル、クロム、鉄合金になります。

約700℃(1300°F)までの耐酸化性、引っ張り強度、耐ヘタリ性に優れており、

応力腐食割れにも強いため、石油化学の用途でも多く使われています。

 

また、インコネルX750は、当初ガスタービンやジェットエンジン用に開発されました

インコネルで、インコネル600やインコネル625に比べて強度が高いのも特長です。

最近では、ガスタービンやジェットエンジンの他に耐熱スプリングなどの利用もされてます。

[用途・使われる場所]

原子炉部品、ガスタービン、ロケット部品、圧力釜、航空機機体構造、

耐熱スプリング、ファスナー、熱間押し出し工具 など

インコネルの成分

■インコネル600の成分

 

化学成分(%)
C Si Mn S Cr Ni Fe Cu
0.15 0.5 1 0.015 15.5 72 8 0.5

 

 

■インコネル625の成分

 

化学成分(%)
C Si Mn P S Cr Ni Mo Fe Co Al Ti Nb + Ta
0.1 0.5 0.5 0.015 0.015 21.5 58 9 5 1 0.4 0.4 3.65

 

■インコネル600の成分

 

化学成分(%)
C Si Mn P S Cr Ni Mo Fe Co Cu Al Ti B Cb Ta
0.08 0.35 0.35 0.015 0.015 19 52.5 3.05 17 1 0.3 0.6 0.9 0.006 5.125 5.125

 

 

■インコネルX750の成分

 

化学成分(%)
C Si Mn S Cr Ni Fe Co Cu Al Ti Cb Ta
0.08 0.5 1 0.01 15.5 70 7 1 0.5 0.7 2.5 0.95 0.95

インコネルの比重

 

■インコネル600、インコネル625、インコネル600、インコネルX750の比重

 

合金名 比重・密度(g/cm3)
インコネル600 8.47
インコネル625 8.44
インコネル718 8.19
インコネル750 8.25