フライホイール型摩擦試験機


CHALLENGING THE EXTREMES

  フライホイール型摩擦試験機

カスタム試験装置 EPISODE 1
「フライホイール型摩擦試験機」(166727)

 

『フライホイール型摩擦試験機』完成品

ムソー工業 実験装置 フライホイール型摩擦試験機
装置名:フライホイール型摩擦試験機

 

■概要

東京大学 加藤孝久様(工学博士・教授)、

東京都立産業技術研究センター様との共同開発にて

「フライホイール型摩擦試験機」を製作いたしました。

フライホイール型摩擦試験機 加藤孝久教授 東京大学

 

本試験機は、これまでは摺動タイプしかなかった摩擦試験機に対して、

世界初の「フライホイール型の摩擦試験機」です。

摩擦がほとんどなくなる「摩擦フェイドアウト(Friction fade-out, FFO)」と呼ばれる

超低摩擦現象の長時間安定再現のために開発されました。

 

摩擦は自動車を始めとする、可動機構を持つありとあらゆる機械の

エネルギー効率に影響するため、さまざまな分野への応用が期待されます。

 

 

世界初の試験機 -寸法精度との戦い-

ムソー工業では、大学や研究機関、公官庁から企業からと基礎開発のお手伝いを何十年も続け、お客様の要望を「すべて」受け止めて、

それを実現させる為に、技術力を磨いて参りました。

 

そして、今回ご相談を頂いた世界初となる「フライホイール型摩擦試験機」

 

世界初と言うだけあって、どれくらいの精度で作れば

摩擦フェイドアウト現象を再現でき、長時間安定させる事ができるのか。

試行錯誤の始まりでした。

ムソー工業 実験装置 フライホイール型摩擦試験機

ムソー工業が得意とするヒアリングから要望の洗い出し、

そして、設計に落とし込み、加工。

さらに精度を上げるために、打ち合わせを何十回も行い、

試作機のアイディアを実現、改良。と、繰り返し行っていきました。

 

ムソー工業 実験装置 フライホイール型摩擦試験機

ムソー工業では、金属加工が多いのですが、今回は、実験機の視認性を高めるために

透明なプラスチック製にしたため精度を出すのが大変でした。

(樹脂は加工精度も金属ほど高くなく、また環境に影響を受けやすく、変化しやすい)

 

 

しかし、一つひとつの課題や問題点を明らかにし、

満足行くものを作るため、何度も研究室に通い、加藤先生にも

加工現場に来ていただき、その場で指示をいただきながら

作ることで完成することができました。

 

 

他社が実現不可能な事でもムソー工業なら

「じつは、この試験機をもっとこうしたい」

こういったご相談を今回の試験機でも沢山頂きました。

 

また、それと同時に

「仕様通りに作るだけでなく、しっかりとデータが取れる試験機がほしい」

というのも、よくご要望としていただきます。

 

これは、ムソー工業のように試験機を製作できる他社はありますが、

お客様の仕様通りに製造して納品して完了。

つまり、「動作保障はできない。」というスタンスで、

「データが取れるかどうかは「頂いた仕様次第」ということが多いです。

 

それでは、大学や研究機関の皆さまは、欲しいデータが取れずに困ってしまい、
実験や研究を進める事が出来なくなってしまいます。

 

しかし、ムソー工業では、そういったご要望を受け止め、

しっかりとデータが取れるまで、実際に動く所まで試行錯誤し、

責任をもって最後まで対応させていただきます。

 

実験機、試験機でお困りの事がありましたら、

ぜひ、ムソー工業に一度ご相談ください。