1200トン引張試験機


CHALLENGING THE EXTREMES

  1200トン引張試験機

カスタム実験装置 EPISODE 2
「1200トン引張試験機」

 

『1200トン引張試験機』完成品

カスタム試験機  1200トン引張試験機
■概要
300トン(3000kN)の油圧シリンダー4基を動力とした1200トン(12000kN)引張試験機
1967年に川崎製鉄株式会社(現JFEスチール)に納入

50年前に初代社長の尾針嘉一の時代に作られた試験機で、
今でも現役で使われている引張試験機です。

 

50年間、使い続けられる試験機の製造とメンテナンス

当時、1200トン(12000kN)もの性能が出せる引張試験機を作るには、

構造計算から特注部品の設計、製造が必須で、また、

現地での組立てとテストを重ねる事で、出来上がった引張試験機です。

お客様が目標とする性能を有するには、全てカスタムの特注品でつくり上げ、

公差も1/100以下と加工技術と精度を求められ、組立てが全て現地で行う必要があったため、

当時から技術力を評価されていたムソー工業が設計・製造を行いました。

 

現在でも、現役で稼動する引張試験機のメンテナンスや

アフターケアを毎年行い、必要となる部品などは

今でも現地調整、現場組立てのため、高い精度を必要とされています。

 

製造して、組み立てて終わり。の試験機ではなく、

試験を繰り返す事によってさらに必要となった機能などを

お客様と一緒に検討し、改良していく事が出来るのも

ムソー工業ならではのサービスです。